2017年8月19日土曜日

PowerPointファイルをiPhoneに取り込んでiPhoneからプロジェクタに映すには

iPhoneにPowerPointアプリを入れておけば、PowerPointファイルをPCからiPhoneに取り込んでiPhoneからプロジェクタに映すことができます。もちろん、iPhoneをプロジェクタにつなぐには、プロジェクタのソケットの種類に応じて、以下のいずれかのアダプタが必要です。


PowerPointアプリの準備

iPhoneにPowerPointアプリを入れたら、PowerPointアプリを開いて「はじめましょう」をタップします。
通知を有効にする」をタップします。他のユーザーとPowerPointを共有する予定がなければ、「後で」をタップします。
準備が完了しました」と表示されたら、いったんアプリを閉じます。

PCからiPhoneへのPowerPointファイルの転送

PCからiPhoneにPowerPointファイルを転送するには、OneDriveやDropboxなどのオンラインストレージを使う方法が最も簡単です。

オンラインストレージをお使いでなければ、PCからiPhoneにメールに添付して送ります。iPhoneのメールアプリで添付ファイルを開きます。(下図はGmailアプリの例)
 画面の右上に表示される「転送(上向き矢印)」ボタンをタップします。
 「PowerPointにコピー」ボタンをタップします。

iPhoneからプロジェクタへの投影

Lightningアダプタを介してiPhoneとプロジェクタをつないで、iPhoneの画面をプロジェクタで映せることを確かめます。iPhoneのPowerPointアプリを開いて、「最近の項目」をタップして、スライドを選びます。

スライド上部の「再生(右向き三角)」ボタンをタップしてスライドを再生します。

iPhoneからプロジェクタに映してプレゼンテーションする機会が増えてきたら、PCからメール添付でiPhoneにスライドを送るのは面倒です。OneDriveやDropboxなどのオンラインストレージの利用をお薦めします。

参考

Dropbox上のスライドをiPhoneのPowerPointアプリに取り込む

2017年8月5日土曜日

iPhoneのバッテリー残量の表示がおかしい(減らない)ときは

iPhone6(iOS10.3.2)のバッテリー残量の表示が一日中変わらないという奇妙な現象が起きました。

単純にiPhoneを再起動したら、直りました。原因は不明です。