iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2017年12月2日土曜日

LinkedInスパム事故を防ぐiPhoneアプリの設定

LinkedInのiPhoneアプリは、iPhoneの連絡先(アドレス帳)を読み出して、LinkedInを使っている人に「つながり」を申請させようとすることがあります。

このぐらいなら他のSNSアプリにもよくあるパターンですが、LinkedInはさらにお節介です。iPhoneの連絡先からLinkedInを使っていない人に対して、「LinkedIn勧誘&つながり申請」のメールを送らせようとします。

これが世に言う「LinkedInスパム」です。LinkedInアプリをお使いの方は、誤って「LinkedInスパム」を送りつけないように、LinkedInアプリにiPhoneの連絡先を読み出されないように、iPhoneの設定を確認しましょう。

iPhoneの「設定」アプリの[LinkedIn]を開いて、「連絡先」のアクセスをOFFにします。

Share:

2017年11月18日土曜日

Yahoo!メールのiPhoneアプリで日本語入力(漢字変換)が遅いときは

Yahoo!メールのiPhoneアプリには、メールの文量に比例して日本語入力(漢字変換)が遅く(重く)なるという致命的な欠陥があります。

このため、メールを返信するときは、なるべく「引用返信」ではなく、引用しない「返信を使うようにしましょう。

Share:

2017年11月4日土曜日

iPhoneでテキストボックス内でスクロール(カーソルを移動)するには

iPhoneでテキストボックス内でスクロール(カーソルを移動)したいというとき、2本指でスワイプ(ドラッグ)するとカーソルが動くという情報をインターネットで見かけますが、動いた試しがありません。

そういうとき確実な方法は、iPhoneを横向きにすることです。
こうすると、iPhoneの画面に矢印キーが出て、カーソルを動かすことができるようになります。
Share:

2017年10月21日土曜日

Outlookで頻繁に「応答なし」が出て反応しない(動作が遅い)

Outlook 2013のメールで頻繁に「応答なし」が出て反応しない(動作が遅い)ときは、アドインを減らしてみましょう。アドインとは、Outlookに追加的に組み込むサブプログラムのことです。

Outlookのメールの「ファイル」メニューから「COMアドインの管理」を開きます。

下図のように動作に時間がかかるアドインについて、「このアドインを無効にする」をクリックします。
Share:

2017年10月7日土曜日

Wordで表のタイトル行の繰り返しを設定しても繰り返し表示できない

Word2013で、複数ページにまたがる表については、タイトル行の繰り返しを設定するようにしています。

ところが、その設定をしても、表に文字列の折り返しが設定されていると、タイトル行が繰り返し表示されません。

文字列の折り返し設定を解除するには、表を右クリックして、「表のプロパティ」を開きます。

」タブの「文字列の折り返し」を「なし」にして「OK」をクリックします。
Share:

2017年9月16日土曜日

Outlookで「電子メールアドレスが無効です」と表示されたら

Outlook2013で実在のメールアドレスなのに、「電子メールアドレスが無効です」と表示されて、メールや会議への招待ができないときがあります。

そういう場合、以下の2つを試してみましょう。

「ホーム」→「オプション」→「メール」を開いて、「メッセージの送信」の「オートコンプリートのリストを空にする」。
オートコンプリートとは、メールの宛先にメールアドレスの一部を入力すると、過去のメール履歴から候補となるメールアドレスを表示する機能です。これを完全に空にしたくない時は、Outlookのメール画面の宛先欄に無効にされてしまうメールアドレスの一部を打って、そのメールアドレスだけオートコンプリートから除外しましょう。

それでも、ダメなら、再度「オプション」を開いて、「メッセージの送信」→「メッセージの送信時に宛先を確認する」のチェックを外して、「OK」。
Share:

2017年9月2日土曜日

Dropbox上にあるスライドをiPhoneのPowerPointアプリに転送

以前にPowerPointスライドをPCからiPhoneに取り込んでiPhoneからプロジェクタに映す手順を紹介しました。このときは、メール添付でPCからiPhoneにPowerPointスライドを送りましたが、Dropboxをお使いでしたら、こんな面倒なことは必要ありません。

iPhoneでDropboxアプリをお使いでしたら、Dropbox上にあるPowerPointスライドをiPhoneのPowerPointアプリに転送することもできます。

PowerPointアプリとDropboxアプリの接続設定

iPhoneでPowerPointアプリを起動し、「開く」ボタンをタップします。
Dropboxをタップします。
「PowerPointがDropboxを開こうとしています」に対して「開く」ボタンをタップします。
「Microsoft Office IngegrationがDropbox内のファイル/フォルダへのアクセスをリクエストしています」に対して「許可」をタップします。
「場所」画面に「Dropbox」が追加されたことを確認します。

DropboxからPowerPointアプリにスライドを転送

PowerPointアプリの「開く」ボタンをタップし、「Dropbox」をタップします。
取り込みたいスライドをタップします。
「編集と保存を行うには、Office365サブスクリプションでサインイン・・・」の「×」ボタンをタップします。
この警告は、Office365の有料契約をするまで(無料で使っている限り)、毎回表示されます。もちろん、PowerPointスライドをiPhoneからプロジェクタに映すだけなら、Office365の有料契約は必要ありません。

スライドを再生するには、「再生(右向き三角)」ボタンをタップします。

Share:

Featured Post

LinkedInスパム事故を防ぐiPhoneアプリの設定