iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2015年5月30日土曜日

英英辞典アプリDictionary.comをオフラインで使う

iPhoneに入れたら手放せなくなる優れ物アプリの一つが、英英辞典アプリDictionary.comです。これを入れたら電子辞書は要らなくなります。ただし、デフォルトではオンラインで使うようになっているため、オフライン辞書をダウンロードする必要があります。

オフライン辞書のダウンロードは時間がかかるので、WiFi環境でダウンロードすることをお薦めします。

Dictionary.comを起動したら、画面左上の三本線のアイコンをタップします。

画面の下の方にスワイプして[Settings]をタップします。

[Offline Dictionary]をONにスワイプすると、オフライン辞書のダウンロード画面が出てきます。ダウンロードが完了するまでDictionary.comが使えなくなります。それでも問題なければ[Download]をタップします。

しばらくして(わが家では数分待たされて)[Download complete]と表示されたら、[OK]をタップします。

Share:

2015年5月16日土曜日

iPhoneで書式をクリアしてプレーンテキストでコピペ

iPhoneで書式が設定されているリッチテキストをEvernoteやメールなどのアプリにコピペすると、書式がついたままで貼り付いてしまいます。そんなリッチテキストから書式をクリアしてプレーンテキストでコピペする方法をまとめます。

まずリッチテキストをコピーします。

メッセージ(SMS)、カレンダー、リマインダーなどのリッチテキスト非対応アプリを開いて適当な入力欄にペーストします。

書式が落ちてプレーンテキストで貼り付きます。それをすぐにカットします。

貼り付けたいアプリの入力欄にペーストすると、書式なしのプレーンテキストで貼り付きます。
上図は「メール」アプリの入力画面ですが、Evernoteや他のリッチテキスト対応アプリでも同様の結果が得られます。
Share:

2015年5月2日土曜日

iPhoneのAppStoreを英語から日本語に変更

iPhoneでDictionary.comアプリのキャンペーンが出ていたのでタップしたら、「アイテムを利用できません」と表示されてしまいました。

↑この説明をパッと見た感じでは、Storeを米国に変更すれば買えそうな感じがしますよね。それで、気軽に「Storeを変更」したら、App Storeがフリーズしたばかりか、アプリ再起動後には英語表記になっていました。しかも、App Storeに日本語表記に戻す設定はありません。

この解決には、App Storeアプリを完全終了してから、いったんサインアウトして、サインインし直します。

App Storeアプリの完全終了するには、アプリを閉じてから、さらにホームボタンをダブルタップして、App Storeをスワイプします。

サインインし直すには、「設定」アプリを開いて、iTunes & App Storeを開きます。

Apple IDをタップします。

サインアウト」します。

サインイン」し直します。

これで、App Storeが日本語表記に戻ります。
Share:

Featured Post

LinkedInスパム事故を防ぐiPhoneアプリの設定