iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2016年2月27日土曜日

Facebookの公開範囲の設定を友達までに一括変更

「Facebookをデフォルト設定のまま使っていると、あなたの写真もプロフィールもすべてのFacebookユーザーに公開されている」という事実をご存知でしょうか。

・・・ということは・・・

仕事上で知り合った人がFacebookにログインして私のことを検索したら、タイムラインどころか、私のプロフィールも、交友関係も、家族の写真も丸見えになっていた
ということです。

新しく知りあった人の電話番号やメールアドレスをスマートフォンの連絡先に登録してからFacebookアプリを開くと、その人が「知り合いかも」に表示されますよね。

・・・ということは・・・

電話番号やメールアドレスを交換した相手がスマートフォンの連絡先に私の電話番号やメールアドレスを登録したら、その人のFacebookでも私が「知り合いかも」に出てくるということです。

その人がそのまま「知り合いかも」を開くと、友達ではないのに、私の情報が丸見え!ということです。

これは、どう考えてもまずいでしょう。

  • 友達以外のFacebookユーザーに自分の情報を公開したくない
  • スマートフォンで電話番号やメールアドレスを交換した人の「知り合いかも」に出てほしくない
という人は必ず次のようにプライバシー設定しましょう。

PCのブラウザでFacebookにログインしたら、画面右上の▼ボタンをクリックして「設定」を開きます。

画面左側の「プライバシー」を開きます。

今後の投稿の共有範囲が「公開」ならすべてのFacebookユーザーにあなたの情報は丸見えです。今後の投稿の共有範囲を「編集」して「友達」に変更して「閉じる」。

ただし、これだけでは、過去の投稿は公開されたままです。

過去の投稿を制限」をクリックしてから、「共有範囲を変更」して「閉じる」。

これでタイムラインだけでなく、写真やプロフィールも含めてすべてのコンテンツの公開範囲が友達に制限されます。

次に、電話番号やメールアドレスを交換した相手の「知り合いかも」に出さないように設定しましょう。

メールアドレスを使って私を検索できる人」や「電話番号を使って私を検索できる人」が「公開」になっていると、スマートフォンで電話番号やメールアドレスを交換しただけで、相手のFacebookの「知り合いかも」にあなたが出てきてしまいます。

これらを「編集」して「友達の友達」に変更して「閉じる」。

ついでに「Facebook外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可しますか?」が「いいえ」になっていることを確認しましょう。
Share:

2016年2月13日土曜日

Chromeで縦長ページのスクリーンショットを撮るFireShot

Internet Explorer (IE)で縦長ウェブページをスクリーンキャプチャするのにSnapCrabを使っていますが、Google Chromeでも同じことをしたいと思っていました。

そこでChromeで縦長なウェブページのスクリーンキャプチャに便利なアプリを探してみました。

Chromeのブックマークバーの「アプリ」メニューを開いて「ウェブストア」をクリックします。

検索窓にscreenshotと入力して「拡張機能」を検索してみると、いろいろなアプリが表示されます。評価が高く、レビュー数が最も多いFireShotをインストールすることにしました。
FireShotの使い方は、SnapCrabとほとんど同じです。

まず、スクリーンキャプチャしたいウェブページを開いておきます。次に、Chrome画面の右上にあるFireShotの拡張機能ボタンをクリックして「ページ全体をキャプチャ」します。
ボタンの代わりに、ウェブページ画面を右クリックして、FireShotサブメニューから「ページ全体をキャプチャ」する方法もあります。

「スクリーンショットの保存」画面が表示されたら、「画像として保存」をクリックします。
保存場所とファイル名を指定して保存すると、ページ全体のスクリーンショット画像が保存されます。
Share:

2016年2月6日土曜日

ZapierでBloggerからFacebookページに連携して自動投稿

BloggerからFacebookページに自動投稿(連携)するツールとして、以前はRSS Graffitiが定番でした。

ところが、2015年にRSS Graffitiの提供が打ち切られました。それ以来、Facebookページヘの自動投稿には、Zapier(ザピア)を使っています。

Zapierは、複数のウェブサービスを連携させるウェブサービスです。まだ日本語化されていないため、日本ではあまり知られていませんが、Facebookページへの自動投稿はFacebookからの被リンクを自動生成することになるため、SEOツールとして必須になるでしょう。

Zapierの使い方

ZapierでRSSフィードからFacebookページに自動投稿する設定には、以下の3段階があります。
  1. Zap(ザップ)を作成
  2. ブログ/サイトの最新記事からFacebookページにテスト投稿
  3. Zapを有効化

1. Zapを作成

Zapとは、連携元と連携先のウェブサービスを組み合わせるアプリのことです。ここでは、ブログ/サイト(連携元)のRSSフィードからFacebookのAPI(連携先)にデータを受け渡すアプリを作成します。

Zapierにサインアップ(会員登録)すると、メールが届きます。そのメールの[Build a Zap Now]をクリックします。

Zapierにログインして、[Choose a Trigger App]画面の検索窓にRSSと入力して[RSS by Zapier]を選びます。

[New Item in Feed]を選んで[Save + Continue]をクリックします。

[Feed URL]欄に自動投稿元となるブログ/サイトのRSSフィードのURLを入力して、[Continue]をクリックします。

[Fetch & Continue]をクリックします。

Choose an Action Appの検索窓にFacebookと入力して[Facebook Pages]を選びます。

[Create Page Post]を選んで[Save + Continue]をクリックします。

[Connect a New Account]を選んで、[Save + Continue]をクリックします。



Message欄のメニューボタンからDescriptionLink URL欄のメニューボタンからLinkを選んで、[Continue]をクリックします。

次に、ブログ/サイトの最新記事をFacebookページにテスト投稿してみましょう。

2. テスト投稿

下記の画面でテスト投稿する記事を確認して[Create & Continue]をクリックします。

Test Successfulと表示されたら、Facebookページにアクセスして、テスト投稿結果を確認しましょう。[Finish]をクリックして、

Finishと言ってもZapの作成が終わっただけで、ブログ/サイトに新着記事が載っても、まだ自動投稿されません。最後にZapを有効化しましょう。

3. Zapを有効化

[OFF]ボタンをクリックして、YOUR ZAP IS [ON]に変えます。


下記の画面が表示されたら、Zapの有効化まで完了です。別のZapを作るなら[Make another Zap]、ここで作ったZapを確認するなら[See it on your Dashboard]をクリックします。
Share:

Featured Post

LinkedInスパム事故を防ぐiPhoneアプリの設定