iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2017年6月17日土曜日

Apple純正Lightningケーブルの代わりにMicroUSB/Lightning変換アダプタ

Apple純正Lightningケーブルの被覆が、たった2年でボロボロに剥げました。
買ってから2年なので保証期限外です。たった2年で被覆がボロボロに剥げるほどの粗悪品に巡り合ったことがないだけに、これが「Apple純正かよ」と残念に思います。

被覆がこんなに剥げても問題なく使えることだけは、「腐っても鯛」ならぬ「剥げてもApple」かなと思わせてくれますが。

さて、被覆がボロボロに剥げたApple純正Lightningケーブルの買い替えにお薦めなのが、「MicroUSB/Lightning変換アダプタ」です。
Androidスマホ、ガラケー、デジカメを使ったことがある人なら、家のどこかにMicroUSBケーブルが眠っているはずです。

そのMicroUSBケーブルの先っちょに、この「MicroUSB/Lightning変換アダプタ」をつけると、MicroUSBケーブルがLightningケーブルになるという優れものです。

しかも、「Apple非認証もの」なら、2個セット数百円で売っています。私が買ったものは、「Apple非認証もの」ですがディーラーの1年保証がついていました。

以下の2点が問題にならない人には、お薦めします。
  • USBハブを中継すると、iPhoneがケーブルを認識しなくなる
  • 将来的なiOSのアップデートにより、iPhoneがケーブルを認識しなくなった場合は、ディーラー保証対象外
Share:

2017年6月3日土曜日

PowerPointでインデントの位置が直らない(設定が利かない)

PowerPoint2013でインデントの位置を変えようとしても直らないトラブルに遭遇しました。

試行錯誤の末、マスタースライドにテキスト枠がないと、インデントの設定が利かないことがわかりました。

PowerPointの「表示」タブの「スライドマスター」を開きます。

左側に表示されるマスターレイアウトのうち、一番上に表示されるレイアウトをクリックして、マスタースライドを表示します。「マスターレイアウト」をクリックして、「テキスト」にチェックを入れて「OK」。

マスタースライドにテキスト枠が出たことを確かめて、「マスター表示を閉じる」とインデントの位置を直せるようになります。

ちなみに、PowerPointの互換ソフトWPS Presentationでは再現しませんでした。
Share:

Featured Post

LinkedInスパム事故を防ぐiPhoneアプリの設定