iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2011年12月28日水曜日

MODファイルをMac用に変換するHandBrakeの使い方

ビデオカメラで撮った動画をMacに取り込もうとしても、MacではMODファイル(拡張子.mod)が読めません。そこで、MODファイルをMac用に変換するソフトウェアについて紹介します。

HandBrake というフリーソフトをダウンロード。

MODファイルの拡張子を.mpegに変更。

HandBrakeを起動。 起動直後に自動的にファイル参照画面が表示されます。

ファイル参照画面が表示されたら、変換したいファイルを選んで開く。 (ファイル参照画面が表示されない場合は、HandBrake画面左上のSourceをクリック。)

Picture Settingsを開き、縦横比を確認。 (HandBrakeの初期設定では、縦横比が4:3になっています。家庭用ビデオカメラは、縦横比が16:9になっている場合があり、そのままでは縦横比が変わってしまうことがあります。)

縦横比を変えるには、Keep aspect ratioオフにして、数値を変更。

HandBrake画面左上のStartボタンをクリック。MPEG-4に変換されます。
Share:

2011年12月23日金曜日

Skypeで外部マイクを認識しない【Windows XP】

レッツノートCF-T1でSkypeを使おうとしましたが、どうしても外部マイク入力を認識しませんでした。

1時間の試行錯誤の末にようやく原因が判明。

Skypeの「オーディオ設定」で「マイク設定を自動調整」が有効になっていると、Skypeが勝手に「コントロールパネル」の「オーディオの詳細設定」を変更し、「代替マイク」を有効にしてしまうために、外部マイクを認識しなくなるということがわかりました。

その対応策は、次の通りです。

1. Skypeの「オーディオ設定」で「マイク設定を自動調整」を無効に。

2.「コントロールパネル」の「サウンドとオーディオデバイス」を開く。

3.「オーディオ」タブの「録音」の「音量」を開く。

4.「録音音源」の「マイク」の「トーン」を開く。

5.「代替マイク」を無効に。

Share:

2011年11月26日土曜日

宝地図(ビジョンボード)に使えるオンライン付箋アプリlino

宝地図(ビジョンボード)に使えるiPhone付箋アプリ lino。これは、かなり便利です。

アプリを立ち上げたら、マイキャンバスの右の鉛筆アイコンをタップします。

名前をタップして、そのキャンバス名を入力します。

背景をタップして、背景のデザインを選びます。

図柄だと動きが鈍くなるので、古いiPhoneでは無地を選ぶほうが無難です。

新規キャンバス」の右の「保存」をタップします。

キャンバスが立ち上がったら、付箋を作ろう。画面右上の鉛筆アイコンをタップします。

文字だけの付箋を作るには「普通の付箋」、写真を撮って付箋に貼るときは「カメラ」、アルバム上の写真・画像を使いたいときは「写真アルバム」を選びます。

写真アルバム」を選んだ場合は、↓下図のような画面になります。

「カレンダー」アイコンをタップすると、期限が入れられます。

↓こんな感じで付箋ができていきます。ブラウザからもlinoのウェブサイトにアクセスできます。

宝地図(ビジョンボード)を作るのにも、一人KJ法をするのにも便利なツールです。これが無料とは!
Share:

2011年11月12日土曜日

FireFoxのデータが同期できないエラーの対応

このところ自分が使っているすべてのPCでFireFoxのデータが同期できない状態だった。

調べてみると、どうやら同期データが多すぎるとうまく同期できないということらしい。そこで、同期データを減らしてみたら解決した。


  1. FireFoxの「ツール」メニューの「オプション」を開く。
  2. Sync」タブを開き、「同期するデータ」から同期しなくてもよい項目のチェックを外して「OK」。
  3. 最後にFireFoxを再起動。
Share:

2011年10月23日日曜日

DVDをMP4に変換するVLCの使い方

DVDの動画を取り込むのにVLCというフリーソフトが使える。ただし、DVDによっては、全タイトルを通して取り込むと映像と音声が合わなくなるなどの不具合を起こすものがある。

VLCの操作手順は、次の通り。

ファイル」メニューの「変換/保存」。

変換/保存」画面で「DVD」を選択して、保存先と保存するファイル名を指定。ファイル名は拡張子まで含める。ここではMP4/MOVで保存するので、example.mp4またはexample.movのようにファイル名をつける。

なお、全タイトルを通して変換するには「メニューなし」を選択する。ただし、前述の通り、DVDによっては失敗する場合がある。DVDまるごと1本分を取り込むため、所要時間の目安は、コンピュータのパワーにもよるが、DVDの再生時間の3倍ぐらい。夜寝る前に仕掛けておいて、翌朝に仕上がりを確認するつもりでいたほうがよい。

まるごと変換」に失敗した場合は、「タイトルごと変換」になる。タイトルごとに変換するときは、タイトルを「1」に設定し、1タイトル変換するごとにタイトルを1ずつ上げてタイトル数だけ変換作業を繰り返す。作業時間の目安としては、DVDの再生時間の5倍ぐらい。

変換/保存」設定の最後に「再生」というプルダウンメニューを「変換/保存」に切り替え、「フォーマット」を「Video-H.264-AAC(MP4)」に設定。

フォーマット」画面の「カプセル化」のタブで「MP4/MOV」を指定。

フォーマット」画面の「ビデオコーデック」タブで「ビットレート」を「1024(または800)」、「フレームレート」を「29.97」に。

フォーマット」画面の「オーディオコーデック」タブで「ビットレート」を「194(または128)」、「サンプリングレート」を「44,100」にして「保存」。

変換/保存」画面に戻ったら、「開始」。 タイトルごとに取り込む場合は、「表示」メニューの「タイトル」でタイトル数を確認し、その数だけ上記の作業を繰り返す。

変換後の動画ファイルは、RealPlayer ConverterでiPhone等のスマートフォン用に変換することができる。iPhoneならば、iTunes経由でiPhoneに転送することもできる。

VLCで変換した動画ファイルで音が出ないことがある。そのときも、RealPlayer Converterで他の形式に変換することで解決できる。

追伸

2015年現在、VLCでDVDの動画をMP4に変換することができなくなりました。その代わりに、DVD変換無双をお薦めします。

Share:

2011年9月17日土曜日

Googleグループを無料メルマガ配信ツールにする設定

管理者が読者のメールアドレスを登録できるメルマガ配信フリーソフトをお探しの方には、Googleグループがお薦めです。

Googleグループは、もともとメーリングリスト配信ツールですが、設定次第ではメルマガ配信にも使えます。

Googleグループでグループ作成後、「グループ設定」を開きます。

アクセス」タブの「メッセージを投稿できるユーザー」を「マネージャのみ」に設定して保存します。
Googleグループを無料メルマガ配信ツールにする設定

メール配信」タブの「メッセージに対する返信」を「返信をメッセージの投稿者に送信する」に設定して保存します。
Googleグループを無料メルマガ配信ツールにする設定

なお、読者登録した相手がGoogleグループのことをご存知の場合、メルマガではなくメーリングリストに登録されたと勘違いされることもあります。

念のため、同じ画面の「メッセージのフッター」に、このメールがメーリングリストでなくメルマガである旨の注釈を入れておいたほうがよいでしょう。

さらに「一般」タブの「公開ウェブサイト」から「プロモーションボックス」を取得すると、メールアドレス登録フォームのHTMLタグが表示されます。
Googleグループを無料メルマガ配信ツールにする設定

Share:

2011年8月8日月曜日

JDL IBEX出納帳がアンインストールできない

JDL IBEX出納帳2とJDL基本ソフト一式をアンインストールしようとしたら、インストーラが「応答なし」のままフリーズしました。

試行錯誤の末、解決策を見つけました。

まず、「JDLアップデート」をかけます。

再起動したら、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」からアンインストールします。

Share:

2011年7月30日土曜日

PowerPointのクリップアートをオフラインで使う

オフラインでPowerPointで資料を作るときに困るのが、クリップアートです。

Microsoft Officeのクリップアートは、Microsoftのウェブサイトから読み込む仕組みになっているため、インターネットに接続していない環境ではクリップアートを貼り付けることができません。

そこで、オンライン作業時に今後も使いそうなクリップアートをダウンロードしてPCに保存しておくと便利です。

PowerPointの「挿入」メニューから「クリップアート」。

クリップアート画面で「検索」窓にキーワードを入れて、「Office.comのコンテンツを含める」をチェックして検索。

検索結果でダウンロードしたいクリップアートを右クリックして「オフラインで使用する」。

コレクションへコピー画面でマイコレクション内の適当なフォルダを選んで「OK」。

マイドキュメント\My Pictures\Microsoftクリップオーガナイザー」フォルダにダウンロードされます。
Share:

2011年6月25日土曜日

G-Next LAN-WN11/U2DSのドライバがインストールできない

Logitecの無線LANアダプタG-Next LAN-WN11/U2DSを入手した。

ドライバソフトウェアをダウンロード、インストールしてから、無線LANアダプターを挿した。

ところが、「802.11n WLAN」と表示され、ドライバソフトウェアのインストールを試みたが、まったく認識しない。

Logitecのサポートに問い合わせて、トラブルシューティングしてみたが、ダメ。

サポートの結論は、「PCの不良」か「アダプタの不良」とのことだった。

3時間ほど無駄にして、万事休す。

それからだいぶ経ってから、Yahoo!知恵袋で同様のトラブル情報を発見。

この情報を手がかりに、G-Next LAN-WN11のドライバのセットアップファイル名が「rt2870.inf」であることを究明。

Windows XPの場合は、以下のディレクトリにある。

C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Logitec Driver\Logitecクライアントユーティリティ\Driver

以下にインストーラでドライバーをインストールしそこなったときにドライバーをインストールする手順を示す。

システムのプロパティ」→「ハードウェア」→「デバイスマネージャ」を開いて、「802.11n WLAN(または「不明なデバイス」)を削除する。

再度、無線LANアダプタを挿す。

新しいハードウェアの検出ウィザード」画面が出たら、「いいえ、今回は接続しません」を選んで「次へ」。

一般または特定の場所からインストールする」を選択して「次へ」。

次の場所で最適なドライバを検索する」の「次の場所を含める」をチェックして「参照」ボタンから上記のディレクトリを指定して、「次へ」。

これで、ドライバのインストールが始まれば、解決!

メーカーのサポートもYahoo!知恵袋で勉強してほしいものだ。
Share:

2011年6月11日土曜日

Skypeで音楽を流しながら話す設定【Windows XP】

Windows XPのSkypeでマイク(USBマイク以外)を使いながら音楽(音声ファイル)を流す設定は、次の通りです。(Windows 7については別ページ参照

「コントロールパネル」の「サウンドとオーディオデバイス」の「オーディオ」タブを開き、「録音」の「音量」をクリック。

「オプション」メニューの「プロパティ」を開き、「ステレオミキサー」にチェックして「OK」。

「録音のプロパティ」の「ステレオミキサー」の音量を十分に上げ、「ミュート」のチェックが外れていることを確認して閉じる。

「サウンドとオーディオデバイス」の「オーディオ」に戻って、「再生」の「音量」をクリック。

「オプション」メニューの「プロパティ」を開き、「ライン音量」にチェックして「OK」。

「再生のプロパティ」の「ライン音量」の音量を十分に上げ、「ミュート」のチェックが外れていることを確認して閉じる。

これでWindows Media Playerで流した音楽(音声ファイル)をSkypeで相手に聴かせられるようになります。
Share:

2011年6月5日日曜日

Sleep Cycle Alarm Clock使用時にiPhoneを伏せる理由

Sleep Cycle Alarm Clock(スリープ・サイクル・アラーム・クロック)を使用するとき、なぜiPhoneを伏せる(下向きにする)必要があるのだろうか? 
加速度センサーで寝返りを感知しているなら、iPhoneが上に向いていようが下に向いていようが関係がないように思う。 iPhoneの向きによって反応が違うんだろうか?
LifeHackerのSleep Cycle Alarm Clockの記事を読んで、ふとそんな疑問が湧きました。そこで、気になって、開発者に問い合わせてみましたた。その回答は、次の通りです。

いくつかの理由から機器を下向きにすることをお薦めします。
  • 誤ってホームボタンを押してアラームクロックを止めてしまうことが、(不可能というわけでもありませんが)はるかに起きづらくなります。
  • (加速度センサーと近接センターを使用して)機器を下向きに置いた状態を感知して、画面を消します。こうすることでバッテリーとスクリーンを保護します。

ちなみに、二人で寝ている場合でもSleep Cycleは感知するのだろうかという疑問が湧きました。

それについては、開発者のサイトにQ&Aがあります。

Sleep Cycleには2つの振動がある場合、小さい方をフィルタリングするアルゴリズムがあるらしく、相手からなるべく遠く自分になるべく近い位置に置けば感知するようです。

参考

Share:

2011年5月31日火曜日

Macでメイリオを使うには

MacユーザーがWindowsとのファイル交換でいつも困るのが「日本語フォント」。

日本語には、Mac, Windowsに共通して搭載されている標準フォントがありません。Mac版Officeには、MSゴシック、MS明朝が付属していますが、きれいな日本語フォントが標準搭載されているMacで、わざわざあんな不恰好なフォントを使いたくはありません。

そんな私が最近知ったのが、メイリオをMacに入れるという方法です。

まず、Windows PCの[c:\windows\fonts]フォルダからメイリオ(標準)メイリオ(ボールド)をUSBメモリにコピーします。USBにコピーされたファイルは、ファイル名がそれぞれ「meiryo.ttc」と「meiryob.ttc」に変わります。

Windows XPの場合は、予めマイクロソフト公式ダウンロードセンターからメイリオをダウンロードしてインストールしておく必要があります。

前述のUSBメモリからMacの「システム\ライブラリ\fonts」フォルダに、「meiryo.ttc」と「meiryob.ttc」をコピーします。

最後にアプリケーションから「Font Book」を起動して「メイリオ」がインストールされていることを確認します。
Share:

2011年5月14日土曜日

ブックマークを同期するFireFox Syncの使い方

会社と自宅のPC双方にFireFoxが入っている。つい最近、FireFoxがバージョンアップされ、FireFox4になった。

新しいFireFoxで便利なのが、ブックマーク、個人設定、履歴などを同期するFireFox Syncだ。

会社と自宅のように離れたところにあるPCのFireFoxをFireFox Syncで同期する方法は、次のとおり。

1台目のPCでFireFoxを起動する。まだSyncアカウントを持っていない場合は、「ツール」メニューの「Syncをセットアップ」を開いて、「新しいアカウントの作成」へ進み、Syncキーをローカルに保存する。

アカウント作成済みの場合は、「ツール」メニューの「オプション」(Macの場合は、「FireFox」メニューの「環境設定」)を開く。

Sync」画面の「アカウントを管理」メニューをプルダウンして「自分のSyncキー」を選ぶ。
Syncキーが表示されたら、「保存」を選んでローカルに保存する。
ローカルにダウンロードされたFirefox Sync Key.htmlというファイルを、同期したいPCに転送する。転送方法は、DropboxSugarSyncなどのオンラインストレージが最も手軽だが、なければメールでもUSBメモリでもよい。
同期するもう1台のPCでFireFoxを起動し、「ツール」メニューの「Syncをセットアップ」。
接続」をクリック。
他のSyncデバイスを持っていない」をクリック。
Firefox Sync Key.htmlを開き、Syncキーをコピーして、「サインイン」画面の「Syncキー」欄に貼り付ける。「アカウント名」と「パスワード」を入力して、「次へ」。
しばらくして同期が作動し、「ブックマーク」メニューに1台目のPCのブックマークが追加される。
Share:

2011年4月18日月曜日

ひかり電話で相手の声が途切れるときのVSDLモデムRV-230SEの設定

わが家では、ひかり電話で通話中に相手の声が聞こえなくなる現象を何度か経験しています。

NTTに問い合わせて教えてもらったのが、「ひかり電話優先の設定」と「モジュラーケーブルの交換」でした。

ひかり電話優先設定

PCのブラウザからVDSLモデムの管理画面( http://ntt.setup/ )にアクセスします。

電話設定」→「ひかり電話共通設定」→「音声優先モード」→「設定」をクリックします。

モジュラーケーブルの交換

普段モデムと電話機に挿しっぱなしのモジュラーケーブルが、まさか劣化するとは考えもしませんでした。
それまで使っていたモジュラーケーブルを抜いてみると、上図のように端子が青く腐食していました。湿気が高い場所ではないので、腐食の原因は不明です。

端子が腐食したモジュラーケーブルを使っていると、接続相手のモデムや電話機の端子も腐食させてしまうかもしれません。新しいケーブルに付け替えて、端子が腐食したケーブルは捨てましょう。

また、わが家の場合は、日中にPCを使うことが少ないので、VDSLモデムを電話優先に設定しました。

参考)

Share:

2011年2月11日金曜日

Outlook2010の予定表で特定のタスクに自動着色

Outlook2003で気に入って使っていた「自動書式」が2010では非常に目立たないところに移ってしまった。

「自動書式」は、例えば、件名に「※」のあるタスクをに自動着色するということができる機能だ。

ここでは、Outlook2010で自動書式(自動着色)をかける方法を紹介する。 「表示」タブの「ビューの設定」を開く。

条件付き書式」を開く。

追加」を開く。条件の「名前」をつけ、その条件で自動着色したい「」を設定し、「条件」を開く。「検索する文字列」に特定の文字や記号を設定する。

例えば、※という記号を件名に入れたタスクは赤にしたいときは、「」を、「検索する文字列」を「※」に設定すればよい。
Share:

2011年1月22日土曜日

fonルータ接続時に「必要な証明書が見つかりませんでした」が出たら

iPhoneを買ったときにオマケでついてきたfonのルータをフレッツのモデムにつなぐと、iPhoneや新しいPCは問題なくWiFiにアクセスできるのに、古いWindows XPのPCだけはWiFiにアクセスしようとすると、

次のネットワークにログオンするのに必要な証明書が見つかりませんでした。

と表示されます。この意味不明なマイクロソフト語を日本語に翻訳すると、

PC側の無線LANアダプタが古くて、ルータ側の新しい暗号化方式に対応していません

という意味になります。こういう場合は、「PC側の無線LANアダプタを新しく買い換える」か、「ルータ側の暗号化方式を古いものにダウングレードする」かのいずれかで対応します。

もちろん、後者はセキュリティレベルが下がるので、前者のほうがお薦めです。

しかし、無線LAN内蔵型のPCでどうしても外付けの無線LANアダプタをつけたくないというときは、後者で妥協します。

その理由は、古いWindows XPマシンに内蔵されている無線LANは最新の暗号化方式(WPAまたはWPA2)に対応していないためです。

FONルータのデフォルトの暗号化方式はWPA2なので、そのままでは古いXPマシンからWiFi接続できません。そこで、FONルータの暗号化方式をXP対応のものにダウングレードする必要があるというわけです。

ルータの管理画面にアクセスします。

fonの場合は、MyPlaceに接続可能なPCまたはiPhoneから、MyPlace経由でWiFi接続して、ブラウザから「192.168.10.1」にアクセスし、「admin」でログインします。

管理画面にアクセスできたら、無線LANの暗号化方式を変えて保存します。 右上のプルダウンメニューから「WiFi」を選び、「暗号化」を「WEP」に、「モード」を「g/bミックス」に設定します。

fonの場合は、このとき「パスフレーズ(ネットワークキー)」が変わる場合があります。そのときは、パスフレーズをメモしておきます。 ルータの設定を変えたら、再度、無線LANにアクセスしてみます。

Windows XPでは、以前の設定が残っていて邪魔して接続できない場合があります。その場合は、FONルータの管理画面で「SSID」をMyPlaceから独自のものに変更します。

続けて、Windows XPの「ワイヤレスネットワーク接続」で新しいSSIDのアクセスポイントに接続して、パスワードを入力します。

これでWindows XPマシンからFONルータに接続できるようになります。忘れないうちに、このFONルータに接続するすべての端末のWiFi設定も変更しておきましょう。

なお、SSIDを変更したら、MyPlaceのアクセスポイントは不要になりますので、「ワイヤレスネットワーク接続」の「プロパティ」から「ワイヤレスネットワーク」のタブを開いて「優先ネットワーク」に残っている「MyPlace」の「SSID」を選んで「削除」しましょう。
Share:

2011年1月11日火曜日

XPからFONルータを認識せずWiFi接続できない

わが家ではWiFi(無線LAN)にFONルータを使っています。ソフトバンクでiPhoneを買ったときについてきたおまけです。

先日、たまたまWiFiでインターネット接続が切れたので、FONルータを再起動して、インターネット接続を復旧しました。

ところが、不思議なことにWindows XPマシンだけがインターネットに繋がりません。さらに不思議なことに、XPの「ワイヤレスネットワークの表示」を見ると、ご近所のルータのSSIDは認識しているのに、わが家のFONルータのSSIDだけ認識しないのです。

まったく意味不明ですが、Microsoftのサポートページを見て、[ワイヤレス ネットワーク接続のプロパティ] の「優先ネットワーク」の設定をすべて削除して再起動してから、再度「優先ネットワーク」を設定しなおして復旧しました。

わが家ではXPマシンのために、fonルータの暗号化方式をWEPにダウングレードしています。

暗号化方式をWEPにダウングレードしたら、[IEEE 802.1X認証]を外しておきます。

最後に「自動接続」を設定して、[OK]。

 「ワイヤレスネットワークの表示」でFONのSSIDに接続して復旧完了です。もし「ワイヤレスネットワークの表示」でFONのSSIDに接続できなければ、再起動してからリトライしましょう。
Share:

Featured Post

LinkedInスパム事故を防ぐiPhoneアプリの設定