iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2014年8月30日土曜日

Microsoft Security EssentialsではDropboxにカスタムスキャン

Microsoft Security Essentials (MSE)のクイックスキャンで問題がなければ安心だと思ってこんでいました。

ところが、先日ウィルスが含まれているファイルを受信してしまったので、それを実行不可能な形式にしてDropboxフォルダに置いてからクイックスキャンをかけたところ、何も検出されませんでした。その後、フルスキャンをかけてみたら「危険」と判定されました。

このことから、MSEのクイックスキャンでは、Dropboxフォルダは守られないことがわかりました。とは言え、MSEのフルスキャンに6時間もかかったので、毎回フルスキャンというわけにもいきません。それ以来、カスタムスキャンしています。

MSEを起動して「スキャンのオプション」を「カスタム」にして「今すぐスキャン」します。

Users」→「ユーザ名」→「Dropbox」にチェックして「OK」すると、Dropboxフォルダがスキャンされます。

なお、MSEのクイックスキャンはマイドキュメントなどライブラリのフォルダをスキャンしているようなので、「Users」→「ユーザ名」以下の全フォルダをチェックしておけば、Dropboxフォルダとクイックスキャンの対象フォルダがスキャンされるはずです。
Share:

2014年8月23日土曜日

複数のソーシャルボタンをまとめて設置するShareThisの使い方

以前はFacebookやTwitterなどの複数のソーシャルボタンを個別に貼り付けていました。しかし、ブラウザによってはきれいに並ばないので、手間のわりに報われません。そこで、海外のウェブサイトでよく見かけるShareThisを使うことにしました。

Facebookの「いいね」ボタン、Twitterの「ツイート」ボタンなどの複数のソーシャルボタンを簡単に貼れて、きれいに並ぶ非常に便利なツールです。ここでは、Bloggerを例にShareThisの使い方をまとめます。

ShareThisにアクセスして[Get the code - it's free!]ボタンをクリックします。

ソーシャルボタンを貼り付けるプラットフォームを選びます。

ソーシャルボタンのスタイルを選びます。

[Selected Services]欄から要らないボタンを[Sharing Buttons]にドラッグ&ドロップします。

追加したいボタンを[Sharing Buttons]または[Other Social Plugins]から[Selected Services]にドラッグ&ドロップして[Get the Code!]をクリックします。[Search]にSNS名を入れてボタンを検索することもできます。
[Search]にSNS名を入れてボタンを検索することもできます。このブログには[Other Social Plugins]から[Facebook Like(いいね)]と[Google +1]を追加し、[Sharing Buttons]から[hatena]で検索して「はてなブックマーク」を追加しています。

SNSのボタンをクリックしてSNSに連携させるか、メールアドレス、パスワードを入力するかして、[Create Account]でShareThisのアカウントを作ります。

[Code section]からコードをコピーします。

Bloggerの管理画面にアクセスして「レイアウト」のフッターかどこかに「ガジェットを追加」します。

[HTML/JavaScript]を選んで[+]をクリックしてから、「HTML/JavaScriptの設定」画面の「コンテンツ」にコードを貼り付けます。「タイトル」はブランクのままで「保存」します。
↓このように複数のソーシャルボタンがまとめて貼り付けられます。
Share:

2014年8月20日水曜日

Bloggerのブログの更新に連携・連動してTwitterに自動投稿

Twitterユーザーなのにツイートするのが面倒な人には、ブログの更新に連携・連動してTwitterに自動投稿するのがお薦めです。

Twitterからブログにリンクされるので、多少のSEO効果も期待できます。この方法はブログだけでなくホームページにも応用できます。

ブログからTwitterへの自動投稿には、GoogleのFeedBurnerを使います。(Facebookページへの自動投稿には、Zapierを使います。

FeedBurnerにアクセスし、Googleアカウント(Gmailアカウント)でログインします。

画面右上の Languages をクリックし、次の画面で「日本語」をクリックします。

新しいフィードを登録」の欄に上記の方法で自動生成したRSSフィードのURL(Bloggerなら http://個別設定.blogspot.com/feeds/posts/default )を入れて、「次へ」。

必要に応じて「タイトル」と「アドレス」を修正して「次へ」。

FeedBurnerにフィードが登録されました」の下にFeedBurnerで再生成されたURLが表示されたら、さらに「次へ」。

集客支援」タブ→「Socialize」→「Add a Twitter acount」をクリックします。

Twitterにログインして「連携アプリを認証」します。

FeedBurnerに復帰後、「有効にする」をクリックします。

この設定以降にブログを更新するとTwitterに自動投稿されます。

なお、ブログを更新してもすぐTwitterに投稿されることはありません。FeedBurnerがブログを読みに来るタイミング次第なので、ブログの更新から数十分後ということもあります。

参考)

Share:

2014年8月13日水曜日

Bloggerのブログの排他制御(アクセス制限)

Bloggerにはログインしないと見られないようにする排他制御(アクセス制限)機能がついています。社内ブログなど特定の人だけが使える掲示板のように使うこともできます。

Bloggerの管理画面にアクセスして、「設定」→「許可」→「ブログの閲覧者」を「編集」します。

限定公開-読者を指定」を選んで「+読者を追加」します。

アクセスを許可するユーザーのGoogleアカウントのメールアドレスを入力します。複数のメールアドレスを入れるときは改行して追加します。最後に「変更を保存」します。
Share:

2014年8月9日土曜日

BloggerとGoogle+(プラス)の連携解除

BloggerとGoogle+(プラス)の連係を解除して、Bloggerプロフィールに戻すには、Bloggerの管理画面にアクセスし、ブログリストからブログを選びます。

ブログ管理画面の右上の歯車ボタンから「Bloggerプロフィールに戻す」を開きます。


必要に応じてBloggerプロフィールの表示名を入力してから、「Bloggerに移動」します。
Share:

2014年8月2日土曜日

Gmail(Google)のログインID候補を削除

ブラウザでGmailなどのGoogleのサイトにログインするとき、ログイン窓をクリックすると、過去にログインしたIDの候補が表示されます。

その中で、もうログインすることがなさそうな余計なIDがあれば、それを選んでdeleteキーを打つと、下図のような確認画面が出ます。

はい」を選ぶと、Gmailログインの履歴からそのIDが削除され、以後、そのIDはログイン窓に表示されなくなります。
Share:

Featured Post

LinkedInスパム事故を防ぐiPhoneアプリの設定