iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2015年6月20日土曜日

Thunderbirdで返信メールの署名の位置を変更

Thunderbirdをデフォルト設定のまま使っていると、メールを返信するときに署名がメールの最後に来てしまいます。

返信メールの署名の位置を変えるには、メニューの「オプション」→「アカウント設定」を開きます。


各メールアカウントの「編集とアドレス入力」→「署名を挿入する位置」を「返信部の下(引用部の上)」に変えて「OK」をクリックします。

返信メールの署名の位置はメールアカウントごとに設定する必要があります。
Share:

2015年6月6日土曜日

PCの動作が重くなったときのディスククリーンアップの項目の設定

PCの動作が遅くなってきたら、使っていないプログラムを削除してから、ディスククリーンアップをかけましょう。

ディスククリーンアップとは、ハードディスク上の不要ファイルを削除する機能のことです。PCの動作は、ハードディスク上のファイルへのアクセスが多くなるほど遅くなりますから、ファイル数を減らしておくことが無駄なアクセス低減につながります。

ディスククリーンアップは、Windows7の「スタート」メニューを開いて、「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」の中にあります。

ディスククリーンアップを開くと「削除するファイル」を設定する画面が出ます。初めてディスククリーンアップを使うときは、どの項目を削除してよいのか判断に困りました。

ご参考までに、私のPCでは特に問題なかった項目の設定をまとめます。
  • ダウンロードされたプログラムファイル
  • インターネット一時ファイル
  • オフラインWebページ
  • Debug Dump Files
  • ごみ箱
  • Service Packのバックアップファイル
  • ログファイルの設定
  • システムエラーのメモリダンプファイル
  •  システムエラーのミニダンプファイル
  • 一時ファイル
  • 縮小表示
  • Window Updateのクリーンアップ

上記の項目に✔を入れてOKすると、下記の確認画面が出ます。

ごみがたまっている分だけ掃除にも時間がかかります。ディスククリーンアップ後の再起動も通常より数分余計にかかります。そのため、当面1~2時間はPCを使う用事がないことを確認して、「ファイルの削除」をクリックしましょう。

ディスククリーンアップが終了したらPCを再起動しましょう。私のPCでは、これでサクサク動くようになりました。
Share:

Featured Post

LinkedInスパム事故を防ぐiPhoneアプリの設定