iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2017年5月20日土曜日

Outlook.com(Hotmail)で迷惑メールに振り分けられないように設定

HotmailがOutlook.comに変わってから、迷惑メールの振り分け精度がよくなったように感じています。それでも、まれに必要なメールが迷惑メールに振り分けられることがあります。

Outlook.comで、必要なメールが迷惑メールに振り分けられないようにするには、Outlook.comにログインして、「設定(歯車)」ボタンをクリックして、「オプション」を開きます。
オプション」→「メール」→「迷惑メール」→「差出人セーフリスト」を開いて、振り分けられたくないメールアドレス(のドメイン名)を入力して「保存」します。
これでもまだ迷惑メールに振り分けられてしまう場合は、「オプション」→「メール」→「自動処理」→「受信トレイと一括処理ルール」を開いて、「」をクリックします。
新しい受信トレイルール」とは、フィルター機能のことです。「名前」には、わかりやすいフィルター名を入力して、「条件の追加」をクリックします。
次の単語が含まれている場合」→「送信者のアドレス内」を選びます。
迷惑メールに振り分けられたくないメールアドレスのドメイン名を入力して、「OK」をクリックします。
アクションの追加」をクリックして、「移動、コピー、または削除」→「メッセージを次のフォルダーに移動する」を選びます。
受信トレイ」を選んで、「OK」をクリックします。
フィルター名、条件、アクションの3つが正しいことを確認して「OK」をクリックします。

Share:

2017年5月6日土曜日

SMARTalkでiPhoneに2つ目の電話番号と留守電を追加

私用のiPhoneを仕事でも使う機会がある」、「格安SIMユーザーで無料の留守電アプリがほしい」という2つのニーズを同時に満たしてくれるサービスを見つけました。

楽天コミュニケーションズ(旧フュージョン・コミュニケーションズ)のSMARTalkなら、iPhoneに2つ目の電話番号を追加することができ、その電話番号で留守電機能を使うことができます。

SMARTalkは専用のアプリを使用したIP電話サービスです。SMARTalkのウェブサイトで申し込み手続きをして、050で始まる電話番号を取得します。

この050の電話番号を仕事用の番号として使えば、1台のiPhoneでビジネスとプライベートを使い分けることができます。

しかも、この050の番号には留守電が付いています。050の電話番号に留守電が入ると、メールで通知が届きます。
留守電を聴くには、このメールに載っているマイページのURLにアクセスします。

マイページにログインしたら、「メニュー」の「留守番電話」を開きます。
大手キャリアの留守電機能に比べると、留守電を聴くまでの手間が面倒です。それでも無料なので、私は満足しています。

留守電に切り替わるまでの呼び出し設定もマイページで行います。デフォルトでは20秒に設定されています。
20秒だと6コールぐらい待つ感じです。この設定は10秒や15秒に変更することができます。

私用iPhoneを仕事用にも使う方や無料の留守電機能がほしい方にとって、SMARTalkはかゆいところに手が届く選択肢です。
Share:

Featured Post

LinkedInスパム事故を防ぐiPhoneアプリの設定